2013.06.02 Sunday

己との戦い。

0
     富士山5合目まで自転車で登るなんて?!何が楽しいのか分からない!
    と、つい最近までは思っていた。
    富士ヒルクライム毎年一回行われる日本最大?!の自転車市民レース。
    6000人もの人達が富士の5合目を目指す。
    なぜ、こんなにも大勢の人が苦しい坂道だけの道を登りたがるのか?
    不思議と興味を持ち。今回始めて出場した。
    やはり、と〜ってもキツかった!キツすぎた!
    6000人の中、何人を抜いただろう。そして何人に抜かされただろう。(涙)
    そして、様々な人達とすれ違った。
    その度に、大の大人達が必死になって漕ぐ顔の表情は苦しそうで、
    辛そうで、楽しそうには全然見えない。自分もきっと同じ顔をしていたに違いない。
    見た目はそうかも知れない。だが、登って行くにつれ気づいた事がある。
    みんな、自分と必死で戦っているんだ。
    去年の記録と戦う者。
    昨日の自分に負けじと戦う者。
    他者と競い合う者。
    各々、6000通り戦いがここにある。

    立ち止まっても誰も前には押してくれない。
    前に進むには、自分自身の足で漕ぐしかな。
    時間は平等に過ぎて行く。
    迷ってる暇はない。
    どんな苦難があろうとも、自分なら必ず乗り越えられる!
    前に進むんだ。前に。
    自分の足で。
    強い思いで。
    自分を信じて。

    ゴールは必ずある。達成感と充実感で満たされた。
    美しい場所が。
    2013.01.16 Wednesday

    山と渓谷社[自転車人]030冬号表紙撮影!スペシャル企画に憧れのあの人が!

    0
       今回、山と渓谷社[自転車人]030冬号の表紙を飾らせて頂きました。モデルは広島に住む建築家さんこだわり抜いたチタニウム自転車を拝見させて頂きました。内容は本屋さんで!!!
      そして、今回とっても嬉しいことがありました。学生時代から名曲「僕はここにいる」のアーティスト「山崎まさよし」を良く聴きいていたのですが、14,5年前に「アルバム「SHEEP」を見た時に衝撃を承けました。それは音楽ももちろんですが、何よりCDジャケットがカッコ良かった〜!!中をを開くと写真集になっていてナチュラルでリアルは山崎まさよしさんがまさに「そこにいました。」
      僕がフォトグラファーを目指し始めるきっかけにもなった写真。それを撮影していたのはハービー山口さんでした。いつかハービーさんのように「山崎まさよし」さんを撮影したい!と夢を追ってここまで来ました。3年ほど前にある雑誌で念願の山崎まさよしさんを撮影をすることが出来ました。(前日緊張のあまり一睡も出来ませんでしたが・・・)
      ですがまだまだハービーさんには辿り着いてない!と自分を震い立たせて、突き進んで来ました。すると今度は[自転車人]030冬号のスペシャル企画にハービー山口さんが登場しているではありませんか!!!運命とは、偶然なのか必然なのか・・・
      今回はハービーさんにお会いする機会はありませんでしたが、カメラを始めて十数年、少しずつですが自分の進むべき階段を登っているのかなと実感することが出来た。
      夢は必ず叶う!そう信じて初心を忘れず、これからも撮り続けていこう。
      まだまだ目指す場所は高く遠いけれど・・・
      2012.05.28 Monday

      新創刊!「NAVI CARS」絶賛発売中!!!

      0
         立て続けで宣伝です。
        この度、新たに雑誌が創刊することになり、そこのCOVERを撮影することになりました。
        その名も「NAVI CARS」クルマ好きならご存知の方もいると思いますが、あの「NAVI」の復刊?いや血統を受け継いだ、新たな雑誌「NAVI CARS」です。
        今回、編集長の河西さんと撮影を共にしましたが、編集長の情熱が詰まりに詰まった!内容になってます。是非!ご愛読くださいませ!!
        次回は撮影した「横山ケンさん、石田純一さん、ピーターさん、ダイヤモンドユカイさん」などの撮影秘話をお話しようかな。
        う〜ん。我ながら良い写真!!!



        2012.05.15 Tuesday

        選抜!コマーシャルフォト6月号「NEW GENERATION PHOTOGRAPHERS」

        0
           この度、三浦孝明がコマーシャルフォト6月号で「NEW GENERATION PHOTOGRAPHERS 2012」に選考されることに成りました。コマーシャル・フォト編集部が今後さらなる活躍を期待するフレッシュなフォトグラファー5 0 人ということで、フレッシュな年齢?!(今年34歳)かどうかは、置いといて!ともかく権威のある広告業界誌に認めて頂いたことは、素直にとても嬉しい。そして、これまでお仕事やご支援いただいた方々のおかげでもあり、心から感謝致します。
          写真業界はフィルム時代からあっという間にデジタル時代へと移り変わり、フォトグラファーの存在意義が大きく変わったと僕は思う。モニターにより撮影した瞬間に誰でもチェックができる、そして失敗が極限に減る、あとでいくらでもデジタル処理がやりすい。など良いところが沢山ある。
          しかし、利便性と引き換えにとても「大切なモノ」を私達は無くしてしまう恐れがある!本来われわれが写真を撮るということは、多くのスタッフとの打ち合わせやサポートがあり皆の思いを受け止め、最後の最後にシャッターを押す。決して失敗の許されない現場。とてつも無い重圧を背負って押すフォトグラファーには、相当な「覚悟」が必要なのです。しかしその「覚悟」と「緊張感」の中で、すばらしい作品は生まれてくるのです。しかし、その「覚悟」や「緊張感」は、デジタル現場によって持ちづらくなってしまいました。失敗を恐れるあまり「無難な方に。」「前回と同じで。」「上司にチェックしてもらおう。」など、覚悟や緊張感のかけらもない現場になる恐れが多々あります。
          私達、新世代のフォトグラファーはデジタルの利便性を扱いつつ、フィルム時代以上の「覚悟」や「緊張感」を持った撮影を求められているのでは無いだろうか。
          選ばれた以上、これからもこの思いを忘れずに「覚悟」と「緊張感」の中、良い作品を作り続けていきます。



          三浦




          2011.12.12 Monday

          韓流アーティスト。SE7EN!

          0
             今日は急遽、韓流アーティスト[SE7EN]の撮影が入りレコード会社に向かった。少し早く着いたので、外苑の銀杏並木でcoffeブレイク。ドンピシャの紅葉に見とれて時間を忘れそうだった。最近、年のせいか季節を感じる瞬間が愛おしく思える。その後急いで現場に向かい撮影準備を始めた。このアーティストは非常に人気があり全米デビューもしているらしく今日だけで10社近い媒体の撮影があり、かなりの人数の関係者に取り巻かれていた。K-POPブームはまだまだ続きそうだ。私達の番になりアーティストと挨拶を交わした。多分その時すでに感じていた、この人はすごい!という感覚!案の定、カメラを向け撮り始めたら、インスピレーションがビンビン湧き出て来る!言葉にするのは非常に難しいけれど、写真を撮る!カメラを向ける!というのは、見るというより感じるに近い。だから被写体のモチベーション、生き方、考え方など様々な要因で写真は良くも悪くもなる。また撮り手側にも同様の意味責任がある。そして今日は彼[セブン]と自分の雰囲気から間違いなく良い写真が撮れたと確信した。撮影終了後、写真を見せてもう一度拳をぶつけ挨拶した。するとSE7ENが皆の前で「彼はすばらしいフォトグラファーだ!!」と言い放った。これだけ色々なカメラマンに撮られなれたアーティストに面と向かって褒められると、ちょっと赤面してしまうぐらい嬉しかった。これだから写真はやめられないな。

            2011.12.04 Sunday

            「果報は寝てまて!」念願のウクレレの王様!GET!!!

            0
               何かと趣味の多い私ですが、実は今年になってウクレレをやり始めた。ジェイク・シマブクロさんのライブを撮影してからウクレレが気になり、始めてたのですが、やればやるほど彼のすごさが痛感する!彼はやばい!やばすぎる!ま〜私は気長に練習するとして、今まではパパ友から借りていた国産のウクレレ[結構良いヤツ!]で、ずっと練習していたのだが、娘から「それ、パパのじゃないでしょ!返さないとダメよ!」と家で弾くたびに、怒られていた私は「ちゃんと返す!今は借りてるのっ!」と、大人げなく言い合いになっていた。妻からは「買わないよ!」と言われ板挟みに会っていた。でもいつかジェイクのようなウクレレの王様[KAMAKAハワイ産]がほしいなあ〜でも高いな〜。と思い焦がしすごす日々でしたが友人S氏がハワイに旅行中と聞きつけ、円高と本場ハワイなら日本より素敵な木目のKAMAKAのウクレレがあるに違いないと思い、無理を承知で頼んでみたら快くOKしてくれました。そして何件もまわりとても素敵な木目と鳴りのウクレレをGET!してくれました!!!帰国後一目散に会いに行き、お礼をしようとしたら、「お世話になっているから!」っと言って、その「ウクレレの王様」KAMAKAをプレゼントしてくれたのです!!!ヒャッホ〜!!!涙が出そうでした。ず〜っと!欲しかったウクレレをいただく事ができてS氏には本当に感謝です!しかも「いつもお世話になっているのはこちらなのに!」粋な人です!
              そして、おかげ様で娘とも妻とも丸く治まることが出来ました。
              めでたし!めでたし!


              2011.10.15 Saturday

              全国!バス?ジャック!!大成功。

              0
                 今回とっても良い天気に恵まれて撮影したリクルートのタウンワークの広告が
                全国のバス停で飾られました。なんと上は新潟から下は九州まで!!!
                特に池袋の並びは圧巻!まさにバス停ジャックだね。
                これだけ飾られると素直に嬉しい。
                ただ、それと同時にとても重要な仕事なのだと痛感した。
                見過ごしてしまう人も多いかもしれないが、立ち止まって見てくれる人、
                すれ違い様に見る人、無意識に目に映った人、この色々な人たちに少しでも
                気持ちの良い印象を与えられたのなら、こんな幸せは無い!
                今回仕事をご一緒出来た、アートディレクター、リクルート制作チームに感謝!
                フォトグラファーという仕事を選んだことに感謝!



                2011.09.11 Sunday

                ハーレーの洗礼!

                0
                   怒濤の夏も終わり、ホット一息。
                  そして最近、voiceの撮影で国井律子さんをよく撮影した。
                  国井さんはとてもチャーミングで知り合ってここ1〜2年だけど地元も近く、
                  昔から知ってる憧れの先輩!みたいなのりで、勝手になついてます。
                  撮影後、ハーレーで走り去る後ろ姿は、たまらなくカッコいい!!!
                  カッコいいバイク乗りを見ると、やっぱりバイクに乗りたくなる衝動にかられる。
                  この連鎖反応が僕がバイクを乗り続ける根源だと思う。
                  カッコいい!って、見た目っぽいけど実はその奥にある、生き様やその人の持つ
                  空気感がとても重要なのだと思う。

                  普段撮影のシゴトをしていて、たまにある問題に直面する。
                  写真は見た目でしか判断されないかもしれない。
                  とても、上っ面の表現方法なのかもしれない。
                  でも、ホントに良い写真とは「何が写ってる」のではなく、「何が、どう写ってる」かが
                  重要なのだと思う。その「どう」というのが個性であり、それが時にものすごい感動や影響力をおよぼす物だと信じてこれからも生きて行こうと思う。

                  そして、カッコ良く生きたい!と思った矢先、
                  国井さんのハーレーを少し乗らせてもらった。そしたら、いきなりジュ〜〜〜!!!
                  激痛が私の右足から走った。なんとハーレーのマフラーに足をくっつけてしまい、
                  足が焼き肉と化したのだ。
                  半ズボンでバイクに乗るのは皆さん止めましょう!

                  いつになったら、かっこ良く行けるものやら・・・

                  国井宅にて左からエディター中田さん、国井さん、やけどbefor自分





                  右から自分、国井さん、河西編集長
                  2011.08.11 Thursday

                  カメラマンがカメラマンを撮る!

                  0
                     今日は、朝から3本だて!天気も最高で撮影日和!!
                    若干、あつ過ぎですがこのご時世、忙しくて何より!
                    今日の2本目は、写真家の加納典明さんの撮影でした。
                    加納さんと言えば、写真業界で最も熱い時代を生きた
                    大先輩!そして、カメラマンがカメラマンを撮影する
                    のはとっても緊張する。人物を撮影する時、撮る相手
                    に合わせ、和ませたり逆に緊張させたり、と様々な
                    タイミング、間合いで撮影に望むのですが、相手もカ
                    メラマンですから、こちらの緊張や心の迷いなどは
                    間違いなく見透かされてしまうでしょう。それならば
                    全身全霊で挑むしかない!!!と開きなおり撮影しました。
                    ですがやはり大先輩!こちらのこう撮りたい!という
                    意図を瞬時に読み取ってくれてとても良い撮影になりました。
                    カメラマンがカメラマンを撮る!
                    今回非常に感慨深い体験が出来、また新たに自分の中に
                    一つ刻まれたことでしょう。
                    そして!もっと!もっと!撮り続けます!
                    いつか、また加納さんを写す日を楽しみにしています。





                    2011.07.19 Tuesday

                    PHOTOMOTO!VOICE CAFEスペースに展示決定!!

                    0
                       先週でMASHの合同写真展も終わりホット、一息。
                      足を運んでいただいた方々には、本当に心から感謝しております。
                      やはり写真は「撮る」「創る」「見てもらう」この過程が大事なのだ
                      痛感しました。今回、合同で写真を見せるということは他のフォトグラファーと
                      見比べられるということでもあり、緊張感のある日々でした。
                      けれど、かなりの刺激を貰えたのも事実です。
                      創作意欲がドンドン湧き出て来ます。

                      そして、河西編集長に頼まれていたCAFEスペースへの展示写真に
                      写真展にも発表したPHOTOMOTOのアザーカットを納品してきました。
                      「河西さんから迫力あり過ぎだね!」とお褒め?!のお言葉を頂きました。
                      VOICEパブリケーションにお越しの際は2FのCAFEスペースに是非!!


                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << June 2019 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM